EV新車情報

輸送もEVへ! ヤマト運輸が電気小型トラック「eCanter」新型モデル約900台を世界で初導入

 ヤマト運輸は、三菱ふそうトラック・バスが開発した電気小型トラック「eCanter」新型モデル約900台を、2023年9月から世界で初めて全国に順次導入することを、2023年9月12日に発表しました。2トントラックのEVは、ヤマト運輸としても初めての導入となります。

 背景及び目的

 三菱ふそうトラック・バスが2017年に国内初の量産型電気小型トラックとして発売した「eCanter」は、走行時にCO₂などの排出ガスを一切出さず、振動や騒音が少なく環境に配慮した輸送やドライバーの負担を軽減する車両。2017年の初代モデル発売以降、運転操作がしやすく振動や騒音が少ない「eCanter」は、ドライバーの負担軽減を可能にするゼロエミッション車両として、導入した国内外の企業から高く評価されてきました。モーター駆動で振動や騒音が少ないため、早朝や深夜の住宅街での配送にも適しており、地域社会のより快適な暮らしに貢献できる車両でもあります。

 ヤマト運輸は2017年に「eCanter」25台を導入し、宅急便などの集配業務で活用しています。それらの実績を踏まえ、今回国内では第3世代目となる新型「eCanter」約900台を導入することとなりました。

 三菱ふそうトラック・バスとして900台規模での大規模導入は、2017年の初代モデル発売以来初となります。ヤマトグループは、2050年温室効果ガス自社排出量実質ゼロおよび2030年温室効果ガス自社排出量48%削減(2020年度比)の実現に向けた取り組みの一環として、EVの導入を進めており、新型「eCanter」の導入は、その主要施策の一つです。

 今回の新型「eCanter」は、ドライ・冷蔵・冷凍機能の3室を備えた標準キャブ・Sバッテリーのバン車両。新型モデルで新たにラインアップに追加したキャブ幅が最も狭い標準キャブ車両は、より小回りが利くため、街中での配送に適しています。また、充電口を車両後方に取り付けることで、日々の充電や荷室から荷物の出し入れがし易い仕様となっています*。 *充電口を車両後方に取り付ける仕様はオプション設定。※普通充電口のみ

「FUSOグリーンリース®」の活用

 ヤマト運輸は今回の「eCanter」導入にあたり、ダイムラー・トラック・ファイナンシャルサービス・アジアが提供する「eCanter」専用のリース商品「FUSOグリーンリース®」を利用。「FUSOグリーンリース」は、EVトラック特有のニーズに応えるリース商品であり、「eCanter」の車両本体に加え、車両のメンテナンスサービスや特別保証を有した、EVトラックの導入・運用に必要な事項を網羅したパッケージ型の商品です。同サービスを通じて、三菱ふそうトラック・バスは、企業が「eCanter」を導入・運用しやすい環境を整え、より安全・安心かつ効率的なEVトラックの運用をサポートしています。

▼「FUSOグリーンリース®」に関する詳細はこちらをご参照下さい

 今回の導入に関しての両社長のコメント

「ヤマトグループは「2050年GHG自社排出量実質ゼロ」の実現に向け、様々な取り組みを進めています。なかでもEV導入は、当社のサステナブル経営を進めるうえで極めて重要な取り組みです。またEVを導入するうえで、環境への配慮や、車両性能はもちろんのこと、働く社員にとって使いやすい車両であることが重要であり、車両メーカーさまのご理解とご協力が不可欠です。今回導入する新型eCanterは、GHGを排出しないことはもちろん、2トントラックで積載量がありながらコンパクトで小回りが利くなど、集配業務においても非常に使いやすい車両です。今後も、パートナー企業や地域の皆さまと連携して、サステナブル社会の実現に向けた取り組みを推進していきます」

(ヤマト運輸株式会社 代表取締役社長 長尾裕)

 「新型eCanterは振動が少なく、セールスドライバーの作業負荷の軽減や、安全運転をサポートするゼロエミッション車両です。ヤマト運輸は初代eCanterを2017年に25台導入され、これまでの運用経験を踏まえその有益性を評価いただいています。新型eCanterがこれから全国で活用されることで、私たちはヤマト運輸が目指すカーボンニュートラル実現の一助としてサポート出来ることを光栄に思います。また、『FUSO グリーンリース®』を導入いただいたことを喜ばしく思います。このプログラムを通じて、eモビリティへのスムーズな移行を支援してまいります」

(三菱ふそうトラック・バス 代表取締役社長・CEO:カール・デッペン)

■車両スペック

(1)寸法・重量

型式ZAB-FEAVKB2CS00B
全長5,390 mm
全幅1,910 mm
全高3,120 mm
車両重量3,760 kg
車両総重量5,870 kg
最大積載量2,000 kg
乗車定員2人

2)EV仕様

モーター性能最高出力110 KW/150 PS
最大トルク430 Nm
走行用バッテリーバッテリーサイズSバッテリー
種類リチウムイオンバッテリー
定格容量41 kWh
最高速度89 km/h
航続距離/1充電116km (*国土交通省審査値)
*航続距離は一充電当たりの走行距離で、国土交通省審査値です。60km/h走行、半積載、平ボディの場合。実際の走行距離は気候、実際の走行環境や運転方法に応じて大きく異なります。
充電時間急速充電: CHAdeMO方式(50kW/70kW)約50分/約40分(0→90%)
普通充電(6kW)約8時間(0→100%)

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
PAGE TOP