EV新車情報

日産、四番目のEVコンセプトカーは、車内で制作活動ができるクリエイター向けコンパクトクロスオーバー「ニッサン ハイパーパンク」

 日産自動車は2023年10月19日、JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023。一般公開日:2023年10月28日(土)~11月5日(日)、場所:東京ビッグサイト) に出展するEVコンセプトカーの第四弾となる「ニッサン ハイパーパンク」を発表しました。

日産EVコンセプトカーの第四弾「ニッサン ハイパーパンク」
日産EVコンセプトカーの第四弾「ニッサン ハイパーパンク」

 また、日産はJAPAN MOBILITY SHOW 2023での一般公開に向けた期待感を高めるため、出展する4つのEVコンセプト「ニッサン ハイパーアーバン「ニッサン ハイパーアドベンチャー」「ニッサン ハイパーツアラー」「ニッサン ハイパーパンク」の世界観を幅広い層に訴求します。

previous arrow
ニッサン ハイパーパンク
ニッサン ハイパーアーバン
ニッサン ハイパーアドベンチャー
ニッサン ハイパーツアラー
ニッサン ハイパーパンク
next arrow
 

 まず、10月19日より東京・新宿の「クロス新宿ビジョン」にて、3D調で未来感あふれるダイナミックなEVコンセプトカー4台の映像を10月25日まで期間限定で放映。さらに10月25日からは、「フォートナイト」内で、ゲームを通じてEVコンセプトカーの世界観を体験できる「Electrify the World」を公開します。

「クロス新宿ビジョン」にて展開されている4つのEVコンセプトの3D調映像
クロス新宿ビジョンにて展開されている4つのEVコンセプトの3D調映像

3D調で未来感あふれるダイナミックなEVコンセプトカー4台の映像(クロス新宿ビジョン)

「フォートナイト」で「Electrify the World」を展開
「フォートナイト」で「Electrify the World」を展開

 前衛的でスタイリッシュなデザインに包まれた、EVコンセプトカーの第四弾となる「ニッサン ハイパーパンク」は、コンテンツクリエイターやインフルエンサー、アーティストを始めとするスタイルとイノベーションを重視するドライバーが、自己表現と創造性を高めることができるコンパクトクロスオーバーEVです。車内で過ごす時間をよりクリエイティブなものにするコネクティビティ技術が、クルマの中での制作活動やクリエイターとのコラボレーションを可能とし、バーチャルとリアルの世界や、クルマの中と外がシームレスにつながります。

「ニッサン ハイパーパンク」のオーナーイメージはコンテンツクリエイターやインフルエンサー、アーティスト
「ニッサン ハイパーパンク」のオーナーイメージはコンテンツクリエイターやインフルエンサー、アーティスト

 立体的で多角形を強調したエクステリアデザインは、クルマとデジタルの融合を表現しています。空力性能に優れたデザインやミニマルなデザインからは逆行するような、力強さを感じさせるスタイルは、これまでの常識にとらわれることなく、他者とは異なる自己表現をしたいというオーナーのマインドと、新しい技術やデザインにチャレンジする日産のマインドを表しています。

 ひときわ目を引く色彩のボディカラーは、見る角度や光の当たり方で色の見え方が変わります。コンパクトなオーバーハングに23インチの大径ホイールを装着した安定感の高いデザインは、市街地もオフロードも走れる多用途なクルマの特徴を表現しています。また、ボディの表面と一体化した多角形な形状を強調するヘッドライトやテールランプ、リヤシグネチャーの形状が、このクルマのユニークさをより一層引き立てます。

 インテリアは和紙や折り紙をモチーフとし、和のテイストを感じさせながらデジタルとアートが融合する室内空間を実現しています。例えば、車載カメラが撮影したクルマ周辺の景色の映像を、AIがオーナーの好みに応じて日本文化の象徴である漫画調の景色や様々なグラフィックパターンの景色に変換し、コックピットにドライバーを囲むように配置された3面ディスプレイに映し出すなど、現実とメタバースの世界が融合した空間を楽しむことができます。

 ヘッドレストにはバイオセンシングセンサーを内蔵することで、ドライバーの健康状態などを検知することができます。検知結果を基に、AIがドライバーの気分を解析し、気分にあわせて自動的に照明を調整したり、室内空間に統合されたスピーカーから最適な音楽を流したりすることで、コンテンツの創作意欲をかき立てます。また、創作活動に必要なデバイスは、いつでもどこでも車載バッテリーから充電し、使用することができます。仲間とイベントなどを行う際には、V2X(Vehicle-to-everything)機能により、必要な電力をクルマから供給することもできます。

 日産の四つのEVコンセプトカーは、JAPAN MOBILITY SHOW 2023で体感することができます。

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP