EV新車情報

新しいレベルの電動自動車(EV) 、ポルシェの新型「マカン」って、どこが凄い?

 完全電動化モデルの新型マカンとは?

 ポルシェは、タイカンに続く完全電気自動車(BEV)に人気のSUV、マカンを選びました。同社は、2024年1月25日にシンガポールでプレミアを実施し、新型のマカン4 とマカンターボを発表。2014年の発売から10年経ったマカンは、今回発表された第二世代モデルから全電動化となります。

 新型マカン4 とマカンターボは、先進的で時代を超越したデザイン、ポルシェ特有のパフォーマンス、長い航続距離、日常における高い実用性において、SUV を購入するポルシェユーザーのニーズを完全に満たすことを目指して開発されました。シンガポールのワールドプレミアで、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメは「卓越したEパフォーマンス、新しいドライバーエクスペリエンス、そして非常に印象的なデザインにより、マカンは全く新しいレベルの車になりました」と新型マカンの質の高さを強調しました。

ワールドプレミアで新型マカンを紹介するポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ
ワールドプレミアで新型マカンを紹介するポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ

 シンガポールにおけるワールドプレミアで、マカンの製品ライン副社長のヨルグ・ケルナーが「私たちの目標は、全電動マカンを、そのセグメントで最もスポーティなモデルとして提供することです」と述べたように、ポルシェは優れたEパフォーマンスを実現するべく、マカン4とマカンターボのデュアルモーター(全輪駆動)のパワートレインに最新の永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を搭載しました。

 これにより、ローンチコントロールとの組み合わせで、マカン4は最高出力408psのオーバーブーストパワーで最大トルク650Nm、マカンターボは最高出力639ps、最大トルク1130Nmに達します。また、マカン4 は停止状態から100 km/hまでを5.2 秒で加速、最高速度220 km/h 。マカンターボは、0-100 km/hを3.3 秒で加速、最高速度は260 km/hとなっています。

新型のマカン4
新型マカン4

新型マカンターボ
新型マカンターボ

 新型マカンのバッテリー性能は?

 新型マカンはポルシェとアウディが共同開発したEV専用アーキテクチャー「プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)」を採用した、ポルシェ初の生産モデルです。

  ボディの下に搭載された総容量100kWhのリチウムイオンバッテリーから電気モーターにエネルギーが供給され、そのうちの最大95kWhを使用することができます。DC充電出力は最大270kW、適切な急速充電ステーションならば約21分以内で10%から80%までの充電が可能です。

 また、400Vの充電ステーションでは、バッテリー内の高電圧スイッチにより、800Vのバッテリーをそれぞれ定格電圧 400Vの2つのバッテリーに分割することでバンク充電ができます。これにより、HVブースターを追加しなくても、最大135kWの充電が可能です。家庭用充電器では最大11kWのAC充電ができます。

 走行中に電気モーターを介して最大240kWのエネルギーを回生できるインテグレーテッドパワーボックス (IPB) も、軽量化と省スペース化を実現しつつ、新型マカンの効率化に貢献します。このコンパクトな IPB はオンボードAC充電器、高電圧ヒーター、DC/DC コンバーターの3つのコンポーネントが組み合わさっていて、欧州WLTPモードの最大航続距離は、マカン4が613km、マカンターボが591kmです。

最大航続距離は、マカン4が613km、マカンターボが591km
最大航続距離は、新型マカン4(左)が613km、マカンターボ(右)が591km

 マカンのデザインはどう変わった?

 新型マカンのボディサイズは、全長4784mm、全幅1938mm、全高1622mm。新しいマカンには、最大22インチのホイールが装備されていて、ホイールベースは先代モデルの2893mmから86mmも延長されていますが、前後のオーバーハングを短くすることで全長はプラス58mmでおさまっています。

 ヘッドライトは2つの部分に分かれています。4つのデイタイムランニングライトを備えたアッパーライトユニットは、ウイングに埋め込まれて車幅を強調。オプションのマトリックスLEDテクノロジーを採用したメインヘッドライトモジュールはフロントエンドの少し低い位置に配置されています。

 ルーフからボディ後方へなだらかに下っていく伝統的なポルシェ車のシルエット、ポルシェフライラインは、フラットなリアウィンドウと一体化、サイドブレードを備えたフレームレスドアとの組み合わせによってスタイリッシュでスポーティなデザインが体現されています。

新型マカンのボディサイズは、全長4784mm、全幅1938mm、全高1622mm。
新型マカンのボディサイズは、全長4784mm、全幅1938mm、全高1622mm

 またポルシェは新型マカンでも、接地圧を高める可変式のアダプティブリアスポイラーや、前方の空気の出入り口で空気の流れや冷却気の流入量を制御するアクティブクーリングフラップ、完全に密閉されたアンダーボディのフレキシブルカバーなどで構成されているポルシェアクティブエアロダイナミクス (PAA) を採用。ヘッドライトモジュールの下のエアカーテンと低い位置にあるフロントエンドが空気の流れを最適化、後部では、横方向のティアオフエッジとルーバー付きディフューザーにより空力効率が確保されています。このPAAシステムが航続距離と消費電力にプラスの効果をもたらすことによって、新型マカンは市場で最も合理化されたSUVの1つとなっています。

新型マカン4
新型マカン4

新型マカンターボ
新型マカンターボ

 今回の電動化により、マカンのラゲッジスペースも拡大。モデルと装備に応じて、後部座席ベンチ後ろの容量は最大540リッター(カーゴモード) になり、ボンネットの下には容量 84リッターの荷物室「フランク」があります。後部座席の背もたれを完全に倒すと、後部荷室の容量を最大1348リットルまで増やすことができます。

ラゲッジスペースが拡大された新型マカン
ラゲッジスペースが拡大された新型マカン

 最新技術満載の運転席って?

 新型マカンのインテリアは紛れもなくポルシェのイメージです。一体化された黒いパネルによってコックピットの幅が強調されていて、センターコンソールの立ち上がりデザインは、車高が低いパフォーマンス重視の印象を高め、同時に、大きな窓が室内空間に明るさと開放感を与えています。コックピットとドアに組み込まれているLEDライトストリップは、環境照明とコミュニケーションライトの両方として機能していて、運転状況に応じて挨拶をしたり、充電プロセスを教えたり、または運転支援システムと連動して情報や警告を伝えてくれます。

最先端機能満載の新型マカンのインパネ
最先端機能満載の新型マカンのインパネ

 インパネには、12.6インチの曲面デザインの自立型インストルメント クラスターと10.9インチのセンターディスプレイを含む、最大3つのスクリーンを備えたディスプレイが装備されています。ポルシェドライバーエクスペリエンスとしては初めて、拡張現実技術を備えたヘッドアップディスプレイも装備されました。ナビゲーションの矢印などの仮想エレメントは、視覚的にシームレスに現実世界に統合され、87インチのディスプレイに相当する画像がドライバーの10m前方に表示されます。

拡張現実技術を備えたヘッドアップディスプレイ
拡張現実技術を備えたヘッドアップディスプレイ

 新世代のインフォテインメントシステムは、アンドロイドオートモーティブOSをベースとしていて、新型マカンに標準搭載されているポルシェコミュニケーションマネージメント (PCM) は、コンピューティングパフォーマンスを新たなレベルに引き上げています。たとえば、「ヘイ、ポルシェ」音声アシスタントは、充電スポットを含むルートを即座に提案。新しいポルシェアプリセンターでは、サードパーティプロバイダーの人気アプリに直接アクセスし、それらを新型マカンに直接インストールすることも可能です。

 2014年の発売以来、全世界で80万台以上を販売してきたマカンは、ポルシェのライプツィヒ工場で生産される、この全電気式モデルに引き継がれていきます。新型マカンBEVモデルは、2024年下半期から納入が開始される予定です。 

Porsche Macan Gallery

_Q1A9992
_Q1A0150
Singapore_macan_250124_195436
_Q1A0234
_Q1A0315
Macan_Turbo_SGP_1024x683_A3_RGB
Macan_4_and_Macan_Turbo_1_1024x683_A3_RGB
Macan_4_and_Macan_Turbo_2_1024x683_A3_RGB
S24_0062_fine
Macan_4_4_1024x667_A3_RGB
Macan_Interior_Head_Up_Display_AR_1024x690_A3_RGB
S24_0068_fine
S24_0069_fine
S24_0072_fine
Macan_4_2_1024x683_A3_RGB
S24_0064_fine
S24_0063_fine
S24_0066_fine
Macan_Turbo_2_1024x683_A3_RGB
previous arrow
next arrow

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP