EV News

ルノー、市場環境を考慮してEV専門会社 アンペアの上場を中止

 2024年1月29日、ルノーグループは、現在の株式市場の状況とキャッシュ創出力の強化の両方を考慮し、同グループのEVとソフト開発を専門に行う部門「アンペア」のIPO(新規株式公開)を中止することを決定しました。

 ルノー・グループは2023年11月1日に、EV関連部門を独立させてアンペアを設立、2024年上期の上場計画を発表しました。それ以降アンペアは、1万1000人以上を雇用する独立した事業として運営されており、ルノー メガーヌ E-テックやトゥインゴ・レジェンドなどの人気EVの製造と販売を行い、25年までに4車種を展開、100億ユーロ(約1兆6400億円)の収益を目指しています。

 現在、ルノーグループの戦略計画である「Renaulution(ルノーリューション)」は自己資金で賄われており、2023年の業績は前期から大幅に改善。ルノーグループが将来(アンペアの開発を含む)の資金を賄うためのキャッシュフロー創出力が確認されています。それにより、今回、IPOを中止したルノーグループは、アンペアが2025年に損益分岐点に達するまで、開発資金を提供し続ける予定です。

2023年11月15日に発表されたトゥインゴ・レジェンド
2023年11月に発表されたトゥインゴ・レジェンド

 ルノーグループCEO兼アンペアCEOのルカ・デ・メオは、今回のIPO中止について次のように語りました。

「私は、2年足らずでアンペアという世界トップクラスの競争相手に対する最高の答えを作り上げたチームを非常に誇りに思っています。EVとソフトウェアに100%集中したビジネスを立ち上げることで、私たちは記録的な速さで俊敏で競争力のある企業を築き上げました。私たちはスタートアップのマインドセットを持っているので、常にイノベーションを起こすことができるのです。これこそが、この新たな厳しい環境においてアンペアを成功に導くものです。今日、我々は現実的な決断を下しました」

 ルノーのアンペアってどんな事業? 詳しくは以下の記事へ 

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP