充電サービス

EV充電器市場に大手建材メーカー「LIXIL」 が進出! 住宅に調和するEV充電器とは?

 LIXILは、住宅の外観に調和するデザインの「EV充電器」と「EVコンセントポール」を、2024年3月1日より発売します。

 現在、多様な企業がEV充電市場に進出を始めています。今回、自宅充電専用の製品を発表したのは、建築材料・住宅設備機器業界最大手のLIXIL。同社は「一軒家を所有する電気自動車オーナーには、自宅での充電設備は欠かせない」との考えから、LIXILが販売する他のエクステリア製品とコーディネートが可能なEV充電器とEV充電器を設置するためのEVコンセントポールを販売することとなりました。

 LIXILのEV充電器は、充電器本体に充電ケーブルを搭載した製品。充電用コネクタを車に差し込むだけで充電でき、時短充電が可能な6kWタイプと、スタンダードな3kWタイプから選べます。

3kWタイプ(左)と 6kWタイプ(右)
3kWタイプ(左)と 6kWタイプ(右)

 また、カラーラインアップは本体カラー1色と、ポールのカラー6色で空間に合わせて組み合わせを選ぶことができ、同社のデザイナーズパーツの枕木材や、機能門柱と組み合わせることも可能です。

枕木材との組み合わせ(左)と 機能門柱への取付け(右)
枕木材との組み合わせ(左)と 機能門柱への取付け(右)

 EV充電器と同時に発売されるEVコンセントポールは、車載の充電ケーブルや、家主が自身で購入した充電ケーブルを使用するEV・PHEV充電用のコンセントポール。ポールタイプなので好きな場所に設置でき、制御器ホルダやコネクタホルダなどのアクセサリの取り付けもできます。EV・PHEV充電用屋外コンセントは、AC200VまたはAC100Vから選択可能。また、コネクタホルダは、コネクタが外れることで盗難や盗電、事故などが起こらないようにダイヤルロック付きとなっています。

ポールタイプなので好きな場所に設置できるEVコンセントポール
ポールタイプなので好きな場所に設置できるEVコンセントポール

 これらの2つの製品の大きな特徴は、LIXILの他の商材と組み合わせることで、居住空間と調和の取れた快適な充電環境を生み出すことです。特にEVコンセントポールは、LIXILデザイナーズパーツの枕木材100角と同じサイズのため、並べて使用することが可能。コネクタホルダの取り付け位置も変更できるので、住宅の外観や駐車位置に合わせてコーディネートをすることができるのが便利です。居住空間を配慮して商品開発ができる建材メーカーだからこそ生まれたこれらの商品は、EV自宅充電器を選ぶ際の新しい選択肢となりそうです。

コネクタホルダの取り付け位置が変更可能なEVコンセントポール
コネクタホルダの取り付け位置が変更可能なEVコンセントポール

                                   
■商品価格    
EV充電器  6kW:387,000円 (アルミ色) / 397,000円(木調色)
                  3kW:325,000円 (アルミ色) / 335,000円(木調色)
EVコンセントポール:55,600円(アルミ色/AC200V)/ 71,600円(木調色/AC200V)
※EVコンセントポールに充電ケーブルは付属していません
※表示価格はメーカー希望小売価格(税別)                                                                                                                                                                                                                                                                              

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP