EV News

ルノー、フォルクスワーゲンと小型EVでの提携に向けて交渉中

 開催中のジュネーブ国際モーターショーにおいて、ルノーのルカ・デミオCEOは、ヨーロッパ向けの小型EVの生産において、フォルクスワーゲン(VW)と提携の話し合いを行っていることを明らかにしました。ヨーロッパの自動車メディアが伝えています。

 ヨーロッパの自動車メーカーは、安価なEVで市場を席巻する中国メーカーに負けないよう、内燃エンジンモデルと同等の価格帯でEVを提供することを急いでいます。

 ルノーは2023年11月に、トゥインゴのEVモデルを早ければ2026年に発売する計画で、目標価格は2万ユーロ以下だと発表しました。この時ルノーは、トゥインゴのパートナー候補として複数の自動車メーカーと交渉中であると述べましたが、具体的な名前や時期については明言を避けています。

2023年11月15日に発表された小型EV「ルノー・トゥインゴ・レジェンド」
2023年11月15日に発表された小型EV「ルノー・トゥインゴ・レジェンド」

トゥインゴ・レジェンドは補助金控除前で2万ユーロ(約330万円)以下が予定されています。
トゥインゴ・レジェンドは補助金控除前で2万ユーロ以下が予定されています

 今回のジュネーブモーターショーで、デミオCEOはルノーとVWがトゥインゴのプラットフォームを共有する可能性について「交渉の初期段階にある。いい話し合いをしている」と述べました。また、他のパートナーとも話しているとつけ加えています。

 VWの乗用車ブランドCEOのトーマス・シェーファーは、新たな小型EVの価格を2万ユーロ以下に抑えるためのパートナーシップに前向きだと語っています。

 先行するステランティスは、2万5000ユーロ以下のEV、シトロエンE-C3を発売したばかりで、航続距離の短いバージョンは2万ユーロ以下で発売される予定です。

シトロエンE-C3

 ルノーのデメオCEOには、小型車での成功事例があります。イタリアン・ブランドを率いていたときには、モダンでレトロなスタイルのフィアット500を成功させました。ルノーCEOに就任する前は、VWグループのセアトブランドのトップを務めています。

 CO2排出量規制の強化と安全規制の強化により、多くのブランドが小型車市場から撤退している中、デメオCEOは「小型車を採算の取れる形で生産できるところはない」とジュネーブで語りました。

 しかし、電気ドライブトレインに切り替えることで、コストを管理することができれば、自動車メーカーは最小セグメントに戻るチャンスがあると、デメオCEOは考えています。

 ルノーは、部品の削減、製造期間の短縮、市場投入の迅速化、より安価なバッテリー材料の組み合わせにより、新型EVトゥインゴのコストを現行のEVと比べて最大40%削減することを目指しているとのことです。

Twingo Legend (33)
Twingo Legend (37)
Twingo Legend (35)
Twingo Legend (27)
Twingo Legend (25)
Twingo Legend (31)
previous arrow
next arrow

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP