EV News

テスラに小型車開発を思い止まらせたのは、150万円のランボルギーニ? 世界が注目するBYDの超格安EV「シーガル」驚きのスペック

 2024年4月5日、通信社のロイターは、テスラが「2万5000ドルで販売可能で収益性が高い」としていた低価格モデル(コードネームは「レッドウッド」)の開発を中止したとX(旧Twitter)に投稿しました。

 現段階でテスラはその報道を肯定していませんが、もしロイターの報道通り、ロボタクシーに注力するためにレッドウッド開発を断念したのであれば、その理由の一つは、中国EVメーカーの生産能力の高さと海外進出にあると考えられています。

 イーロン・マスク自身、アナリスト向け決算説明会で、中国自動車メーカーを「最も競争力がある」と評価、「関税などの障壁がないならば、(BYDなど)中国の電気自動車メーカーが競合各社を壊滅させるだろう」と述べました。

 テスラがレッドウッドによって開拓しようとしていた低価格EVの市場には、中国のメーカーが生産した高評価のEVがすでに存在しています。ロイターの同記事で指摘された通り、テスラのライバルと目されるBYDのラインアップには、1万3865ドルで販売される「ドルフィン」や、1万ドル未満で発売されるハッチバックの「シーガル」があります。BYDはシーガルを2倍以上の価格で海外に輸出する計画を立てていますが、それでもテスラが計画していたレッドウッドの2万5000ドルよりも安価で市場に提供されることになります。

BYDが1万ドル未満で販売するEV、シーガル
BYDが1万ドル未満で販売するEV、シーガル

 では、BYDの最も低価格のEVシーガルは、市場に受け入れられているのでしょうか?

 BYDは2023年に合計300万台の自動車を販売しましたが、そのうちBEVは前年比73%増の157万台以上。また、2024年第1四半期には約30万台販売しています。2023年の春に本国で発売されたシーガルは、販売期間が1年に満たないながらも2023年に28万台以上を販売しています。2024年3月には、前月比158%増の3万483​​0台を納車、BYDで3番目に売れたモデルとなっています。

3月に3万台以上の販売を記録したBYDシーガル
3月に3万台以上の販売を記録したBYDシーガル

 そこまで低価格なシーガルとはどのようなEVなのでしょうか?

 2024年3月に価格が約5%安くなった新しいHonor Editionというモデルが発売となったばかりのシーガルは、全長3780mm、全幅1715mm、全高1540mm、ホイールベース2500mmのコンパクトなハッチバック。販売される3つのグレードのうち、最も低価格のアクティブは9700ドル(約150万円)と1万ドル以下の価格設定で市場を驚かせました。EVとしての性能は最高出力75ps、最大トルク135 Nm。30.08kWhと38.88kWhの2種類のBYDブレードバッテリーパックが用意され、CLTC航続距離はそれぞれ305km、405 km。30分で30〜80%までの急速充電が可能となっています。

 BYDシーガルの価格と航続距離

BYD シーガル
Honor Edition
価格航続距離
(CLTC)
アクティブ9700ドル305km
フリー1万500ドル305km
フライング1万2000ドル 405km

シーガルで最も低価格のアクティブは約150万円
シーガルで最も低価格のアクティブは約150万円

 中国現地の報道によると、シーガルは、BYDの現グローバルデザインディレクターであり、元ランボルギーニのデザイナーだったヴォルフガング・エッガーがプロジェクトを主導していることから「ランボルギーニ・ミニ」と呼ばれています。

BYDのデザイナーチーム、写真中央のチーフオートモーティブデザイナーのヴォルフガング・エッガーが200 人を超える世界レベルのデザインチーム統括しています
BYDのデザイナーチーム。写真中央のチーフオートモーティブデザイナーのヴォルフガング・エッガーが200人を超える世界レベルのデザインチーム統括しています

 フォードのジム・ファーリーCEOは、2月にこの低価格EVを「かなり優れている」と評価し、BYDが利益を上げながら超低価格でEVを提供できていることを強調。フォードが開発中の低コストEVプラットフォームによって「BYDのシーガルに対抗できるほど値段が安い車を出す」と宣言しました。

 ニュースサイトの財聯社によると、BYDは2024年の3月から新しい生産拠点となるブラジルの工場建設に本格的に着工。乗用車タイプの電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)を製造する工場の生産能力は年間15万台で、まずはSUVの「宋プラス」と「Atto3」、小型車のドルフィンとシーガルを生産する予定です。

 その中南米市場を開拓するために、BYDはブラジルとメキシコでシーガルを「ドルフィン・ミニ」として2万ドルで販売開始しました。また、英国でもシーガルは注目されています。EV関連の情報サイト、エレクトリックの報道によるとBYDの英国マーケティングの責任者は「EVは裕福な人だけのものであってはならない」と語り、シーガルの英国販売に積極的のようです。BYDは夏までにディーラーを現在の21社から60社に増やす計画。もし、シーガルが英国で発売されれば、同国で最も安価なEVとなる可能性が高く、BYDの欧州進出にも影響を与えそうです。

ブラジルでシーガルは、ドルフィンミニとして販売されています
ブラジルでシーガルは、ドルフィン・ミニとして販売されています

 BYDの大きな課題とされてきた海外進出ですが、2023年、同社は海外で、総販売台数300万台のうちの約8%にあたる24万台を販売。今後の海外販売台数目標は、2024年が50万台、2025年は100万台となっています。

 海外進出を見据えたBYDの次世代プラットフォームは、コストをさらに削減する可能性があるとされています。テスラを含む他のEVメーカーや自動車メーカーは、今後、さらに激しい価格競争にさらされそうです。

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP