テスラ&イーロン・マスク

テスラ、完全自動運転オプションを月額99ドルに値下げ!

 2024年4月13日、テスラは完全自動運転(監視付きFSD)オプションのサブスクリプション料金を、月額99ドルに値下げすると発表しました。これまでの月額は199ドルだったので、100ドルもの値下げです。

 FSDベータは、つい最近「バージョン12.3.4」が提供されたばかり。また、FSDオプションは3月末よりカナダを含む北米のテスラオーナーに1カ月無償で提供されていますが、その走行マイル数は指数関数的に増加しており、テスラはさらなるFSDの普及を促進するために今回の値下げを行ったようです。

 FSDオプションは、買取の場合1万2000ドルですが、こちらの価格は従来通り。これは、値下げ後の月額サブスクリプション料金の10年分の総支払額とほぼ同一であるため、買取価格もいずれ見直されるかも知れません。

 FSDに関するニュースとしては、今月のある深夜、急病に見舞われたテスラオーナーが、自身の愛車モデルYのFSDを起動して自ら運転することなく病院まで無事にたどり着き、医師の処置によって一命を取り留めたというポストがXで話題になっていました。イーロン・マスクもこの出来事を喜び、祝福のリポストを行っています。

 新車販売の伸び悩み、および直近の株価低迷が喧伝されるテスラですが、8月8日に予定されているロボタクシーの発表に向けて、同社のFSD関連の動きが激しくなっています。引き続き、その動向から目が離せません。

 写真提供:Tesla, Inc.

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP