EV News

テスラ、2024年売り上げ減速ながら、2025年6月に新たな小型クロスオーバー「レッドウッド」を生産開始!

 2024年1月24日、米電気自動車(EV)大手テスラは2023年第4・四半期の決算を発表しました。それによると、23年10月から12月期の売上高は1年前から増収増益でしたが、調整後の1株利益は市場予想を下回りました。

 テスラの23年第4・四半期決算では、売上高は前年比3.5%アップの251億6700万ドル、純利益は前年比2.2倍となる79億2800万ドル、調整後の一株利益は71セント。納入台数は過去最高の48万4507台を記録したものの、各モデルの値下げによる影響から営業利益率は8.2%と前年比7.8ポイントのダウンとなりました。

テスラは2023年第4・四半期決算において過去最高の48万4507万台の納入を記録
テスラは、2023年第4・四半期決算において過去最高の48万4507台の納入を記録(写真提供:Tesla, Inc. )

 そんな中、テスラが新たな小型クロスオーバーの生産を2025年半ばに開始する計画をサプライヤーに伝えたことが、関係者の話として報じられています。その量産型EVのコードネームは「レッドウッド」とのこと。

 ロイターによると、テスラは23年、サプライヤーにレッドウッドに関する見積書作成を依頼。その際、25年6月に生産を開始する計画で、週間生産台数は1万台になるとの予想を示しました。新モデルは、まずテキサス州で、その後メキシコで生産される予定ですが、「増産は困難を伴う」との見方もテスラは示しているようです。

 テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、2万5000ドルとも言われている手頃な価格の電気自動車(EV)と、それと同じプラットフォームと推測される自動運転のロボタクシーを投入する構想を持っています。23年5月の年次株主総会においては、デザインと生産技術が既存のものより優れている新型2車種の開発を進めていると発表しており、その合計の年間販売台数は500万台に達する可能性があるとも語っていました。

テスラが投入予定と噂のロボタクシーのデザイン、レッドウッドは、これと同じデザイン、プラットフォームとなる?
テスラが投入予定と噂のロボタクシーのデザイン

 テスラは2024年通期の見通しについて「テキサス州のギガファクトリーで次世代車の生産に取り組む中、24年の自動車の生産・納入台数の成長率は、23年を大きく下回るかもしれない」としました。この決算発表を受けてテスラの株価は、時間外で一時6%下落しています。

メインカット:Anna Moneymaker(Gtty images)

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP