EV News

「アップルカー」の中心人物二人がリヴィアンに移籍


 アップルが開発しているとされる電気自動車「アップルカー」の発売が予定よりも2年遅れ、早くとも2028年になると報じられています。

生成AIで作成したアップルカーの完成予想図
生成AIで作成したアップルカーの完成予想図

 そんななか、「アップルカー」に携わっていたジョナス・ラインケとD・J・ノヴォトニーが米電気自動車メーカーの「リヴィアン」に移籍したことが明らかになりました。

 ジョナス・ラインケはAppleで「プロダクト、モビリティ、自動車サービス(Product, Mobility and Automotive Services)」と呼ばれる部門を率いていました。転職に伴い、リンクトインに以下のメッセージを投稿しています。

「Appleでの4年間は刺激的な挑戦と機会に満ちたものでした。非常に才能のある人々と共に働けたことに感謝しています。リヴィアンで製品管理のヴァイス・プレジデントとして新たな役割を担うことになり、わくわくしています。リヴィアンは非常に革新的で素晴らしい製品を作り出しており、強力な製品ポートフォリオを構築する旅に参加できることを光栄に思います」

リンクトインにコメントを投稿したジョナス・ラインケ (CREDIT: LINKEDIN)
リンクトインにコメントを投稿したジョナス・ラインケ(CREDIT: LINKEDIN)

 D・J・ノヴォトニーは、Appleに約25年間勤務したベテランです。リヴィアンの車両プログラム(Vehicle Programs)のシニア・ヴァイス・プレジデントに就任したとのことです。

 リヴィアンといえば、現在はピックアップ型のR1TとSUV型のR1Sを販売しています。すでにより車体の小さなR2、およびR3の開発を行っています。

 Appleの技術者の移籍が、リヴィアンのR2、およびR3にどのような影響を与えるのか、業界の注目が集まっています。

 メインカット:生成AIで作成したアップルカーの完成予想図

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP