EV新車情報

MINIのEVシフト第一弾、クーパーSE 国内初披露! 電気自動車になって何が変わった?

 BMWグループのMINIブランド、新型MINIクーパーSEの日本国内初披露となる展示が、2024年1月に東京のMINI亀有にて行われました。2030年までに内燃機関の車両を廃止し、完全な電気自動車ブランドとなることを目指しているMINIは、2023年9月1日に電気自動車の新型MINIクーパー SEを発表。2024年春を目指して発売が検討されています。

 今回のクーパーのEVは、「クーパー E」と、より高出力で航続距離が長い「クーパー SE」の2種類があります。では、今回初お披露目となったMINIクーパーSEについて見ていきましょう。

 サイズと重さ

 まだ日本では仕様が固まっていませんが、イギリス仕様だとサイズと重さは、全長3858mmx全幅1756mmx全高1460mm。ガソリン車の第3世代のクーパーは全長3880mmx全幅1725mmx全高1430mmなので、EVになったからと言って特段大きくなったということはありません。

クーパーSEのイギリス仕様は、全長3858mmx全幅1756mmx全高1460mm
クーパーSEのイギリス仕様は、全長3858mmx全幅1756mmx全高1460mm

 重さはクーパー Eは1615kg、クーパー SEは1680kgです。EVとしてはかなり小型の部類に入りますが、ガソリン車の第3世代のクーパーは1210kgだったので、それよりは車重は重くなりました。

 バッテリーと航続距離

 バッテリーと航続距離は、イギリス仕様では、クーパーEで40.7kWh、WLTPモードの航続距離は最大190km、クーパーSEは54.2kWhで航続距離は最大250kmとなります。

 馬力・トルクと加速

 クーパー Eは最高出力が184HP (135kW)、290Nm、0-100kmの加速は7.3秒。クーパーSEは218HP (160kW)、330Nm。0-100kmの加速は加速は6.7秒となっています。

 エクステリア

 従来のMINにあったボンネットの盛り上がりがなくなるなど、全体的にフラットなEVらしいデザインとなっているクーパーSEのエクステリア。では、詳細を見ていきましょう。

シルバーのトリムが印象的なフロント
シルバーのトリムが印象的なフロント

 フロント

 フロントはいかにもEVらしいフラットなデザインで、以前のMINIのモデルで使用されていたグリルなどにもフラットなパネルが使用されています。フロントライトも第3世代のクーパーと比べて丸形のモダンなデザインになっています。LEDのストライプは丸と2本の横線の組み合わせによって構成されていますが、システム設定より発光パターンを3種類から変更することができます。

ウインカーの時には全体が光る円形のデイタイムランニングライト
ウインカーの時には全体が光る円形のデイタイムランニングライト

 サイド

 ドアノブは空気抵抗を抑えるため格納式になっていて、ドアを閉める際の重厚感がある音が印象的です。充電口はリアの左右に別れており、運転席側が普通充電、助手席側が急速充電となります。普通充電は11kWhまでの出力に対応し、急速充電ではクーパーEが75kWh、クーパーSEは95kWhまでの出力に対応しています。

格納式のドアノブ
格納式のドアノブ

 リア

 リアのテールライトは三角形の新しいデザインになっています。ドットが集まったようなデザインで、こちらの発光パターンもフロント同様3種類から選ぶことができます。

リアのテールライトは三角形の新しいデザイン
リアのテールライトは三角形の新しいデザイン

 インテリア

 インテリアはEVらしく環境を意識した素材がふんだんに使われています。内装に使われるファブリックは92%がリサイクル素材。シートの皮革部分は高品質な合皮が使われています。

環境を意識した素材が使われているシート
環境を意識した素材が使われているシート

 ステアリングは小型なステアリングながら太めなので握りやすいのが特徴です。ステアリングにはベルトがついており、デザインの一部となっています。ディスプレイは直径240mmの円形有機ELで、MINIらしいインテリアを保ちつつ、かなりデザイン性の高いユニークなUIとなっています。アンドロイドオープンソースプロジェクト(AOSP)をもとにBMWグループが社内開発した「MINIオペレーティングシステム9」を搭載しています。車両の機能は機能はタッチスクリーンと音声コマンドにより操作できます。アンビエントライトもあり、運転時の状況に色が同期します。この色は自分でも選ぶこともできます。トランクはEVとしては小型な部類で210Lです。

小型ながらステアリングながら太めで握りやすい
小型ながらステアリングながら太めで握りやすい

デザイン性の高いUIのディスプレイ
デザイン性の高いUIのディスプレイ

アンビエントライトの色は自分でも選ぶこともでます
アンビエントライトの色は自分でも選ぶこともでます

 MINIのEVシフトの第一弾と呼ばれるクーパーですが、2030年に完全にEVメーカーにシフトするMINIとしてはMINIらしい伝統性を押し出しつつもモダンさを取り入れた正当進化といえます。さて、コンパクトカーや軽が人気の日本でMINIのEVはヒットするでしょうか?

(文・写真:EVちゃんねる らいあん)


 EVちゃんねるのYouTubeでは、動画で新型クーパーSEの詳細を説明しています。

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP