EV News

テスラの新型ロードスターは一体どんな乗物に? イーロン・マスクが衝撃の投稿

 2017年のお披露目イベント以来、まったく音沙汰のなかったテスラの新型ロードスターについて、2024年2月28日、イーロン・マスクが実に久しぶりにその進捗をX(旧Twitter)にポストしました。

テスラ・ロードスター
納車が待ち望まれるテスラの新型ロードスター

 イーロン・マスクのXへのポストによれば
「今夜、我々はテスラ新型ロードスターのデザイン目標を抜本的に引き上げた」
「これをクルマと呼べるのかどうかわからないが、こんなクルマはもう二度と出てこないだろう」
「年内にはプロダクションデザインが完了し、年末に発表、来年の出荷を目指す」
「テスラとスペースXのコラボレーションになる」
「このデモは、史上最も衝撃的な製品デモになる可能性があると思う」

イーロン・マスクのXへのポスト

 マスクはさらに、2018年6月10日に投下した自らのポストをリポストしています。
「新型ロードスターのSpaceXオプションパッケージには、車の周囲にシームレスに配置された最大10個の小型ロケットスラスターが含まれます。これらのロケットエンジンは、加速、最高速度、ブレーキ、コーナリングを劇的に向上させます。もしかしたらテスラが飛行できるかもしれません」

ロードスターが空を飛ぶ?
ロードスターがロケットエンジンで空を飛ぶ?

「ロケットエンジンを搭載した電気自動車」が作られるのでしょうか? だとしたら、自動車の運転免許証で運転できるのでしょうか? 果たしてその乗物は「エコ」なんでしょうか? 疑問だらけです。いずれにせよマスクの「これをクルマと呼べるのかどうかわからないが」「史上最も衝撃的な製品デモ」などの表現からは、とんでもないモンスターマシンが構想されていることは間違いないでしょう。

イーロン・マスクのコメントにファンは大喜び、こんなフェイク動画の投稿も

 2024年末、サイバートラックをしのぐもの凄い衝撃が訪れるかも知れません。新型ロードスターの年内の詳細発表、そして「史上最も衝撃的なデモ」が大変楽しみです。

 2017年に開催されたロードスターのお披露目イベント

Roadster Unveil from Tesla on Vimeo.

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP