EV新車情報

ターゲットはテスラ モデル3! 中国のアップル「シャオミ」が生み出したEVセダン、24時間で約9万件の予約注文を獲得

 中国のスマートフォンメーカー「シャオミ(Xiaomi)」は、2024年3月28日に初のEV「SU7」を発売、予約受付を開始しました。受付開始とともに、シャオミには購入希望者の予約注文が殺到。SU7を注文した人々のアプリには、最大8カ月間の納車待ちの可能性があると通知されており、中国の大手スマホメーカーが生み出したEVに対する、中国市場における大きなニーズが明らかになりました。

中国のスマートフォンメーカー、シャオミのSU7
中国のスマートフォンメーカー、シャオミのEVセダンSU7

 3月28日にSU7の注文受付を開始した直後、シャオミは、4分間で1万件、7分間で2万件、27分で5万件以上の確定注文を発表。また、その翌日の29日には、販売開始からの24時間で8万8898件の確定注文を受けたとリリースしました

 シャオミSU7は、価格が21万5900人民元(約450万円)のスタンダード、24万5900人民元(約510万円)のPro、29万9900人民元(約630万円)のMaxの3つのグレードがあり、4月2日時点で、シャオミのアプリでは、スタンダードが21〜24週間、Proが19〜22週間、Maxが29〜32週間の待ち時間を示しています。つまり、今モデルを注文する顧客は最大約8カ月納車を待たなければなりません。

 また、オンラインでの盛況に加えて、中国29都市にある59店のシャオミの販売店舗には、3月末の週末にかけて、SU7を一目見たいという人々が大行列を作りました。シャオミによると、SU7の試乗を希望する人々が各店舗に1日平均で90〜120人来店、現在、試乗予約している人は、3〜5日待ちの状況となっています。

 中国のEVウォッチャーのSNSに投稿されたシャオミ店舗の様子

 ロイター通信によると、SU7の販売開始のキャンペーンで、シャオミは冷蔵庫等の無料ギフトがついてくる「ファウンダーズエディション」をスタンダードとMaxの2グレードで5000台リリース。すぐに完売したこれらのモデルは、4月3日から納車される予定です。また、SU7のカスタマイズ車両の最初の納車は、スタンダードとMaxが4月末に、Proが5月末に開始されるとシャオミは発表しています。

 中国のEVウォッチャーのSNSに投稿されたシャオミからとされるビジュアルによると、同社は2024年の生産能力分である12万台が完売したと発表したようです。

 2024年の生産能力分である12万台が完売したとの投稿

 スマートフォンの世界で、デバイスの機能や品質から「中国のアップル」とも呼ばれるシャオミは、アップルがEV「アップルカー」の開発を断念した1カ月後に、SU7を発表しました。独自のEVを販売するというアップルが果たせなかった夢を形にしたシャオミは、続いて「中国のテスラ」の称号も手に入れようとしています。

 2023年12月28日に行われたSU7の発表イベントにおいて、シャオミグループの創設者でもあるレイ・ジュン会長兼CEOは、シャオミの電気自動車事業について次のように語りました。

「私たちの目標は、ポルシェやテスラに匹敵する夢の車を作ることです。まずはSU7を、ポルシェのタイカン・ターボ、テスラのモデルSと同等のEVにするつもりです。そして、15〜20年をかけて、シャオミは世界トップ5の自動車メーカーの1つとなります」

 それから4カ月後に実施されたSU7の発売イベントにおいて、レイ・ジュンは、SU7のターゲットがテスラ モデルSではなくてモデル3であることを明言。全EVセダンがテスラ モデル3と同じ顧客をターゲットにしていると指摘し、「多くの人が、シャオミSU7 は誰のために作られたのかと尋ねます。私の答えは、『テスラ モデル3のユーザーは、アップグレードする時期ではないでしょうか? 』です」と語ったのです。

シャオミグループ創設者のレイ・ジュン会長兼CEO
シャオミグループ創設者のレイ・ジュン会長兼CEO

3月28日に実施されたSU7の発売イベント

 SU7のサイズは、全長4997 mm、全幅1963 mm、全高1455 mm、ホイールベースは3000 mmで、テスラモデル3は、全長4720mm. 全幅1850mm. 全高1441 mm。SU7のスタンダードモデルは、中国で販売されているエントリーバージョンのテスラモデル3RWDよりも約60万円程度安くなります。中国市場ではモデル3RWDの価格は、24万5000人民元(約510万円)、シャオミのSU7 Proの価格と同じです。

 また、SU7のスタンダードとProはどちらも、モデル3と比較すると一度の充電で走れる航続距離が長く、レイ・ジュンは、SU7は、仕様の90%以上でモデル3よりも優れていると主張。しかし同時に、テスラのパワートレインの効率性にシャオミが追いつくには、おそらく約3〜5年かかるだろうとも認めています。

 中国市場でSU7は熱狂とともに受け入れられました。その多くの購入者が、購入の理由をシャオミ・グループの財務の安定性とレイ・ジュン会長兼CEOの自動車ベンチャーへの献身に基づいたシャオミのEVに対する信頼を挙げていて、シャオミのブランド力は中国におけるEV販売においても大きな効果をもたらしたようです。そのブランド力が海外のマーケットでどのように受け入れられるのか、これが、SU7の今後の売上と、シャオミのEV事業の課題となってくるでしょうです。

 発売と同時に大きな予約数を獲得しEV市場に衝撃を与えたシャオミSU7。この影響を受けて、4月2日には、シャオミの株価が香港市場で一時16%急伸、時価総額は約76億ドルの増加となりました。ただ、消費者は7日間以内であれば予約金の払い戻しを受けることができるため、多数の予約キャンセルが出ているとの中国での報道もあります。実際のSU7の販売実績は1週間後に出る見込みです。

シャオミ SU7スタンダードProMax
アーキテクチャー400V400V800V
パワートレインRWDRWDAWD
バッテリー73.6 kWh
BYD ブレードバッテリー
94.3 kWh
CATL 神行超充電池
101kWh
CATL 麒麟電池
航続距離(CLTC)700km830km800km
馬力299馬力 (220 kW)299馬力 (220 kW)673馬力 (495kW)
トルク400Nm400Nm838Nm
0-100km/h加速
(0-62mph)
5.28秒5.70秒2.78秒
最高速度210 km/h210 km/h265 km/h
高速充電時間
(10-80%)
25分30分19分
15分間のDC充電350km350km510km

 Xiaomi SU7 gallery

シャオミ1
27
シャオミ8
23
10
シャオミ15
シャオミ25
シャオミ22
シャオミ24
シャオミ30
シャオミ-1
シャオミ2
シャオミ3
シャオミ6
シャオミ7
シャオミ29-1
シャオミ17
シャオミ21
シャオミ18
シャオミ20
シャオミ19
シャオミ14
previous arrow
next arrow

 シャオミSU7のイメージ動画

写真:Xiaomi

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP