充電サービス

ヒョンデもテスラの北米充電規格(NACS)を採用!

 2023年10月5日 –ヒョンデは、米国とカナダの電気自動車(EV)に北米充電規格(NACS)ポートを採用することを発表しました。

 米国では、2024 年第 4 四半期から、新型、または改良されたヒョンデのEVは、NACSポートのみが搭載され、カナダも 2025年前半にこれに続きます。

 NACS ポートを備えたヒョンデのEVは、米国、カナダ、メキシコで 1万2000 台以上のテスラ スーパーチャージャーを利用できるようになります。これにより、ヒョンデEVの顧客が利用できるDC急速充電ネットワークは2倍になります。

 ヒョンデの社長兼グローバルCOO、ヒョンデ モーターノースアメリカ社長兼CEOのホセ・ムニョスは、「テスラとの提携は、顧客に優れたEV体験を提供するという当社の取り組みにおける新たなマイルストーンとなる」と述べました。 「この新しい提携により、ヒョンデ のEVオーナーは、自分の車両を便利に充電できるという自信を得ることができ、北米全土に少なくとも3万のステーションを備えた新しい高出力充電ネットワークを構築するための、当社の合弁会社を補完することになります」


 テスラのネットワーク拡大へのコミットメントは、顧客の家庭外充電へのアクセスを強化し、IONIQ 5、IONIQ 6、および今後のEVモデルを含む、ヒョンデの先進的なElectric-Global Modular Platform(E-GMP)車の超高速充電速度を完全にサポートします。

IONIQ 5
IONIQ 5

 現行のCCSを搭載した既存および将来のヒョンデ 製EVのオーナーは、2025年第1四半期からテスラ・スーパーチャージング・ネットワークを利用できるようになります。ヒョンデはこれらの顧客にアダプターを提供。CCS充電器でNACS搭載車を充電するためのアダプターを利用できるようにします。

IONIQ 6
IONIQ 6

「スーパーチャージネットワークを開放することは、世界の持続可能なエネルギーへの移行を加速するという私たちの使命を直接サポートします」と、テスラの充電担当シニアディレクターであるレベッカ・ティヌッチは述べています。「私たちは、北米の充電規格の最新の採用者としてヒョンデを歓迎することを誇りに思っています」

 テスラの広大なスーパーチャージャー・ネットワークへのアクセス拡大は、EVドライバーに可能な限り広範な充電インフラを利用できるようにするというヒョンデの戦略をさらに推し進めるものです。

 すでに発表されたように、ヒョンデは世界の主要なグローバル自動車メーカー6社とも提携し、少なくとも3万基の充電器を備えた新しいハイパワー北米充電ネットワークを開発しています。この新しいネットワークにおける最初の米国ステーションは、2024年夏、カナダでも、それ以降の開業を目標としています。

ヒョンデも参加するハイパワー北米充電ネットワーク
ヒョンデも参加するハイパワー北米充電ネットワーク

ヒョンデ公式サイトのリリース

「Hyundai Electric Vehicles to Add North American Charging Standard」

https://www.hyundainews.com/en-us/releases/3952

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP