EV News

サイバートラック、東京・豊洲で一般展示。日本発売へのハードルは?

 日本で2024年2月15日にお披露目された、テスラの「サイバートラック」は、豊洲のチームラボプラネッツ TOKYO DMMで2月25日まで展示されます。当地へ行けば、誰でも無料で見学することができる、サイバートラックの展示は、今後、展示ツアーとして日本各地で開催される予定です。

 現地にいたスタッフの方によると、サイバートラックの車体は日本には1台のみ。この車体は展示だけでなく、当局の審査にも使用されるとのことです。

 スタッフといろいろ話してみた結果、展示されているサイバートラックには、少なくとも2つの懸念があることが分かりました。それは、「サイド面にウィンカーランプ(サイドターンランプ)が着いていない」そして、「タイヤの外側面が、フェンダーカバーからはみ出している」というものです。

 サイド部分を見てみると、確かにウィンカーは見あたりません。通常のテスラなら、サイドカメラと同じエリアにウィンカーがありますが、サイバートラックはフェンダーカバー部分にとても目立たない格好でカメラが埋め込まれています。日本の車検では、ウィンカーは左右に最低ひとつずつあって、視認性が規則を満たしていればOKのようですが、サイドウィンカーのない自動車を日本の路上で見かけることは結構まれです。

 また、展示車のタイヤはサイズが幅285ミリの20インチ。タイヤの周囲を覆っているフェンダーカバーから若干はみ出しています。日本のレギュレーションでは、タイヤが車体から10ミリ以上はみ出していると車検は通りません。サイバートラックの場合、タイヤそのものは大丈夫でも、独特のホイールカバーがNGとなる可能性が高いですね。

 1ナンバーになるとか、中型の免許が必要など、日本市場ならではのハードルが噂されているサイバートラックですが、現物が日本にやって来たことによって、さらなる問題点が浮き彫りになってきました。果たして、無事に日本発売にこぎつけることが出来るのか、テスラジャパンの奮闘に期待しましょう。

 サイバートラック展示ツアーの日程、会場は、随時更新した最新情報を以下の公式サイトで見ることができます

TESLA公式サイト Cybertruck | 日本展示ツアー

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP