EV新車情報

日産初の大型商用EV、新型「インタースター」を欧州で発表! 航続距離460km

 日産自動車は2024年2月7日、欧州市場に向けた大型商用車の新型「インタースター」を発表。日産の大型商用車で初となる電気自動車(EV)の「インタースターe」とディーゼル仕様がラインナップされました。

 効率性や積載量、乗りやすさ等を優先して設計された新型インタースターは、いかにもトラックらしいデザインが特徴。そのフロントグリルが存在感を高めています。また、大容量の積載能力、長距離走行性能、車室の広さやスペース、耐久性など、様々なニーズに対応すべく、「ティッパー」、「ドロップサイド」、「ボックスバン」など、幅広いモデルがラインナップされています。

 新型インタースターは従来型よりも40mm広いサイドドアと100mm長い積載スペースを備えていて、EVタイプで最大1.6トンの積載能力があります。EVとディーゼルともに、最大2500kgの牽引能力を持つので、重量貨物を運搬する必要がある企業にも適しています。さらに、積載量1.6トンの「4トン・インタースターe」は、普通免許でヨーロッパ全土を運転可能なので、一般的な3.5トンのディーゼルバンよりも多くの貨物を輸送することができます。

 日産初の大型商用EVのインタースターeは、主に市街地での走行を想定して設計されたEV。業務に合わせてバッテリーの違う仕様(87kWhと40kWh)を選ぶことができ、87kWhのバッテリーを搭載した仕様の航続距離は最大460kmです。また、87kWhの仕様は30分で252km分の充電ができる急速充電機能を備えていて、40kWhバッテリー搭載車は約200km分の充電が可能。A/C充電機能では、4時間以内にバッテリー容量を10から100%まで充電することができます。

 新型インタースターの刷新されたインテリアでは、ヒーター付きフロントガラスとシート、耐久性の高いシートカバーを採用。操縦性も従来型と比べて大幅に改善されており、市街地の狭い道にも対応できるように最小回転半径は1.5m縮小しています。

Nissan Interstar Gallery

N16
N10
N12-1
N9
N11
1n
N3
N2-1
N5
N7
N8
N6
N14
N4
N15
previous arrow
next arrow

日産新型インタースターの紹介動画

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP