自動運転

日産の無人自動運転ってどこまで来ている? 2027年実用化へ向けてのロードマップを発表

 2024年2月28日、日産自動車は日本国内において自社開発のドライバーレス自動運転車両(自動運転SAEレベル4相当)によるモビリティサービスの事業化に向けたロードマップを発表しました。

 日産は、少子高齢化に伴う公共交通のドライバー不足や地域社会が抱える交通サービスの課題解決に貢献できる新しい交通サービスの提供を目指していて、国内外でモビリティサービスのビジネスモデルを構築するための実証実験を行っています。

自動運転の公道実証実験車両
自動運転公道実証実験用の日産リーフ

日産とディー・エヌ・エー(DeNA)が共同開発した無人運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride」のロゴがプリントされています
日産とディー・エヌ・エー(DeNA)が共同開発した無人自動運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride」のロゴがプリントされています

ドライバーレス自動運転用の日産リーフ
無人自動運転の実証実験を行った日産リーフ

 国内では、横浜みなとみらい地区での自動運転モビリティサービスの実証実験を2017年より実施。福島県浪江町においても、2021年より有人運転モビリティサービス(サービス名称:なみえスマートモビリティ)を運行しています。また、海外では、英国政府の支援を受けてロンドン市街などで自動運転プロジェクトを実施しています。

横浜みなとみらい地区にて走行実証実験を開始
横浜みなとみらい地区にて走行実証実験を開始

 同社はこうしたプロジェクトで積み重ねてきた知見をもとに、2027年度から自動運転によるモビリティサービスの提供を目指しています。その実現に向け、2024年度より横浜みなとみらい地区にて走行実証実験を開始し、2025年度以降は実験を行う地域や規模を拡大していく計画です。これらの実験では、将来のドライバーレスでのサービス提供を目指し自動運転レベルを段階的に引き上げながら、ユーザーの受容性を確認していく予定で、具体的な取り組み計画は以下のようになっています。

・2024年度:横浜みなとみらい地区にて、「セレナ」をベースとした自動運転車両での走行実証実験を実施

・2025-26年度:横浜みなとみらい地区、桜木町、関内を含む横浜エリアにおいて、20台規模のサービス実証実験を実施(セーフティドライバー同乗)

・2027年度:地方を含む3から4の市町村において、車両数十台規模でのサービス提供開始を目指す。

将来的には完全無人自動運転車によるサービスを日本各地で展開する計画
将来的には、無人自動運転車両による移動サービスを日本各地で展開する計画

 このプロジェクトは、2025年度を目途とした国内50か所での無人自動運転移動サービス実現のため、事業者及び関係省庁間の情報共有と進捗管理を担うべく、経済産業省と国土交通省の主催で立ち上げられた「レベル4モビリティ・アクセラレーション・コミッティ」での取り組みとして進められます。

日産車を活用した自動運転の動画

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP