EV新車情報

三菱自動車、新型軽商用EV「ミニキャブ EV」を12月発売。航続距離は約35%増の180kmに

 三菱自動車工業は、ワンボックスタイプの軽商用電気自動車、新型「ミニキャブEV」を全国の系列販売会社を通じて、2023年12月21日(木)から販売開始します。

 新型「ミニキャブEV」は、軽商用EVとして12年間で、約1万3000台(2023年10月末時点)の販売実績を持つ「ミニキャブ・ミーブ」をベースに同車の開発・メンテナンスで得られたノウハウを最大限に活かして大幅改良し、航続距離の向上と、安全装備・機能装備の拡充が図られています。

新型「ミニキャブEV」の特長

「ミニキャブEV」はワンボックスタイプの軽商用EVで、2シーターと4シーターの2グレード展開。今回は、モーターや駆動用バッテリーなど電動系コンポーネントを新世代化し、一充電あたりの航続距離を先代モデル比で約35%増となる180km(WLTCモード)に延長しました。AC200V(15A)での普通充電では約7.5時間で満充電となり、業務終了後に充電すれば、翌日の業務開始時には満充電状態で使えます。なお、オプション設定の急速充電の場合、60A以上ならば、約42分で80%までの充電が可能です。

 新採用のモーターは走り出しから最大トルクの195N・mを発生するため、荷物をたくさん積んで重くなった状態でも、電気自動車ならではのスムーズかつ力強い走りでストレスなくキビキビと走行することが可能です。また、新型モーター・インバーターを採用するとともに一体化構造とすることで、先代モデルよりさらに高い静粛性を実現し、早朝や深夜でも周囲に気兼ねなく走行することができます。

 なお、先代モデルから走行距離向上や安全装備の充実を図りながら販売価格は同等に抑えられています。

 先代からの主な変更点

(1)三菱自動車独自のEVシステム新世代化

 駆動用バッテリーは、電池容量を約25%向上。またモーターとインバーターを一体化構造とするなど、モーター効率を上げることで、航続距離を約35%向上させ180㎞(WLTCモード一充電航続距離)としました。

(2)安全機能

 衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システム、オートマチックハイビーム、誤発進抑制機能(前進時)などの予防安全技術「三菱e-Assist」を採用。安全機能を向上しサポカーSワイドに対応。毎日の安全な運転をサポートします。

 急な坂道で発進時の後退を防止するヒルスタートアシストを追加し、安心してスムーズな発進ができるように補助します。

(3)機能装備

 電気を車両からいつでも取り出せる、アクセサリーコンセント※(AC100V、最大1500W)をフロアコンソール背面に設定しました。災害時などの緊急時でも、消費電力の大きい電化製品を使用することができます。

 インストルメントパネルでは、充電用USBポートのタイプC(3A)とタイプA(2.4A)をメーカーオプション設定とし、ユーザーの使いやすさを考慮しスマホトレイを併設しました。

※2シーターにメーカーオプション設定。2024年3月生産開始予定

(4)走行性能

 前後ショックアブソーバーの減衰力特性を見直し、乗員の乗り心地の向上とともに、キャビンの揺れを抑制して荷物への負担を軽減しました。回生ブレーキを積極的に活用するBポジション時の回生力を強めることで実用電費を向上させました。

 車両本体価格 

(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録・届出等に伴う費用は含まれません)

グレード座席数 車両本体価格(消費税10%込)
CD 20.0kWh2シーター2,431,000円
4シーター2,486,000円

 2050年のカーボンニュートラル社会の実現に向けて各方面で脱炭素化の取り組みが加速し、物流関係や自治体など軽商用電気自動車の需要が一層高まっていることを受け、三菱自動車は「ミニキャブEV」とともに商用でのラストワンマイルのCO2削減に貢献するとしています。

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP