充電サービス

パワーエックスが成田空港に国内最速クラスのEVチャージステーションを開設。最大出力150kW、10分間で130kmの充電が可能に

 パワーエックスと成田国際空港は、成田国際空港第1ターミナルP1駐車場内に蓄電池型超急速EV充電器「Hypercharger (ハイパーチャージャー)」1 基を設置。12月15日午前9時から、チャージステーションの一般利用を開始します。

 パワーエックスは、自社で開発製造する、蓄電池搭載型超急速EV 充電器「Hypercharger」を用いて、EV ユーザーにとって利便性の高い場所に公共用超急速 EV チャージステーションを設置しています。今回の成田国際空港第1 ターミナル/チャージステーションは、パワーエックスが空港内に設置する初のチャージステーション。成田空港を利用するEV オーナーにとって、空港で超急速充電サービスが利用できれば、遠方から車で成田空港を訪れた際にも、素早く充電することができるようになりとても便利です。

一般的な急速充電を上回る超急速充電Hypercharger
一般的な急速充電を上回る超急速充電「Hypercharger」

 その短時間充電を実現する「Hypercharger」は、充電規格「CHAdeMO」に対応した充電設備で、最大出力150kWと公共用急速充電ステーションの中では国内最速クラス。対応車種ならば10 分間の充電で、約130km の航続距離分が充電できます。また、30分などの時間制限がなく、専用アプリで事前予約も可能なので、待ち時間もなくスムーズにフル充電をすることもできます。

Hyperchargerの充電ポストと蓄電池
「Hypercharger」の充電ポストと蓄電池

 また、車両を充電する電力に再生可能エネルギーを使用し、環境に負荷をかけないEV体験を提供するのも、パワーエックスの特徴。今回、事業提携する成田国際空港は「サステナブルNRT2050」を掲げ、2050 年度のCO2 排出量実質ゼロを目指し、2023 年12月1日には、国内空港で初めて成田国際空港脱炭素化推進計画が国土交通大臣の認定を受けました。その取り組みの一環として、空港アクセス車両の脱炭素化を推進するために運用が開始されたのが、成田国際空港第1 ターミナル/チャージステーションです。この蓄電池搭載型超急速EV充電器の「Hypercharger」で使う電力も再生可能エネルギー、ただ便利なだけではなく、地球に優しい「再エネ満タン」が実現するチャージステーションでもあるのです。

成田国際空港第1 ターミナル/チャージステーション
設置場所: 第1 ターミナル P1 駐車場内(千葉県成田市成田国際空港内)

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP