いろいろな乗り物

スペースXも支援する、デトロイトモーターショーで注目の ”空飛ぶクルマ”って?

 ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード、現在はステランティス・グループ傘下となったクライスラーといった米国ビック3を中心に、世界の主要35の自動車メーカーが出展しているのが、9月14日~25日(現地時間)に、米国ミシガン州デトロイトで開催されている世界5大モーターショーのひとつ、デトロイトモーターショー(北米国際自動車ショー)です。会場にEVの試乗コース設置され、各メーカーのEVシフトが話題となっているその展示会で、一際大きな注目を浴びているのが、eVTOLベンチャー企業、アレフ・エアロノーティックス(Alef Aeronautics)が公開したアレフ・モデルA。このEVは、2022年の10月に発表され、2025年の実際のデリバリーに向けて予約を開始している、世界初の ”空飛ぶクルマ” です。

世界初の「空飛ぶクルマ」アレフ・モデルA
世界初の ”空飛ぶクルマ” アレフ・モデルA

 支援企業には宇宙開発会社スペースXも含まれているという、話題のアレフ・エアロノーティックスですが、今回、注目されている一つのポイントは、アメリカ連邦航空局(FAA)がモデルAの飛行テストを認定したと、同社が6月に発表をしたことです。

 CNNのレポートによると、これは飛行と道路走行の両方が可能な、米国政府の承認を受ける世界初の完全な電気自動車とのこと。アレフは、モデルAを「公道で走行可能で、通常の自動車と同様に駐車できる世界初の”空を飛ぶ乗り物”」と述べました。このEVは、垂直離着陸機能を備えていて、1〜2人の乗員を乗せることができ、航続距離は321.9km、飛行距離は177kmの予定です。

デトロイトモーターショーで アレフ・エアロノーティックス CEOのジム・ドゥコフニーがアレフ・モデルAを公開 (Photo:Bill Pugliano/Getty Images)
デトロイトモーターショーで アレフ・エアロノーティックス CEOのジム・ドゥコフニーがアレフ・モデルAを公開 (Photo:Bill Pugliano/Getty Images)

 アレフによると、同車のスケルトンバージョンの最初の自動テスト飛行は、2018年に成功し、2019年には実物大のプロトタイプが飛行しました。そして、今後必要な研究開発を継続するために必要だった、FAAの特別な耐空証明書を、今回、同社は獲得したのです。

 FAAは、アレフに対して、展示、研究、開発などの限定された目的を許可する特別な耐空証明書を発行。多くの企業が全電気式 VTOL (離着陸航空機の略) に取り組んでいて、FAAは、アレフが特別耐空証明書を取得したこの種の航空機で「初めてではない」と述べています。しかし、アレフは、モデルAは道路上でも空中でも機能し、普通の車のように見え、通常の駐車スペースに駐車できるという点で、他と異なると主張をしています。

メッシュのボディの下にはローターが8枚、これが回転することで空を飛びます
メッシュのボディの下にはローターが8枚、これが回転することで空を飛びます

アレフ・モデルAの離陸のイメージ動画

「私たちはFAAからこの認証を受け取ったことに興奮しています。これにより、環境に優しく、より速い通勤を人々に提供することに近づき、個人や企業の時間を節約することができます。これは飛行機にとっては小さな一歩ですが、自動車にとっては大きな一歩です」とアレフの最高経営責任者(CEO)ジム・ドゥコフニー氏は語りました。

アレフが考える空飛ぶ車が一般化する未来の通勤イメージ

事故に遭遇しても垂直離着陸機能を備えるアレフ・モデルAならば軽く一飛び

 アレフによると、空飛ぶクルマは「低速車両」として認定される予定で、舗装された道路では時速約40km以上の速度では走行できません。同社は公式サイトに「ドライバーがより速いルートを必要とする場合、ドライバーは飛行機能を使用することが想定されている」と掲載しています。

空飛ぶ車アレフ・モデルAは、空中では運転席が90度横を向き、その方向を正面として飛行する
空飛ぶ車アレフ・モデルAは、空中では運転席が90度横を向き、その方向を正面として飛行する

モデルAの車内
モデルAの車内

 アレフ・モデルAが飛行中しているイメージ動画

 アレフ・モデルAは、2025年末までに最初の納車が計画されており、1台あたり約30万ドル(4434万3900円)で販売予定。2023年度の初めには、400台以上の払い戻し可能な予約注文を受けていて、一般販売では150ドル(2万2000円)、優先販売は1500ドル(22万円)の手付金が必要と発表しています。

アレフ・モデルAの価格は4434万3900円
アレフ・モデルAの価格は4434万3900円

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に触発されて、映画内で車が空を飛ぶと予見された2015 年から開発を進めてきたアレフのメンバーたち
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に触発されて、映画内でクルマが空を飛ぶと予見された2015 年から開発を進めてきたアレフのメンバーたち

世界初の空飛ぶクルマを開発するアレフのスタッフ
世界初の空飛ぶクルマを開発するアレフのスタッフ

アレフ・エアロノーティックスの公式サイト

https://alef.aero/

世界初の「空飛ぶクルマ」アレフ・モデルA
アレフ・モデルAの価格は4434万3900円
メッシュのボディの下にはローターが8枚、これが回転することで空を飛びます
モデルAの車内
空飛ぶ車アルフ・モデルAは、空中では運転席が90度横を向き、その方向を正面として飛行する
世界初の空飛ぶクルマを開発するアレフのスタッフ
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に触発されて、映画内で車が空を飛ぶと予見された2015 年から開発を進めてきたアレフのメンバーたち
Alef model at San Mateo headquarters close up
世界初の「空飛ぶクルマ」アレフ・モデルA
アレフ・モデルAの価格は4434万3900円
Alef-Top-View
モデルAの車内
空飛ぶ車アルフ・モデルAは、空中では運転席が90度横を向き、その方向を正面として飛行する
2023 North American International Auto Show Held In Detroit, Michigan
2023 North American International Auto Show Held In Detroit, Michigan
世界初の空飛ぶクルマを開発するアレフのスタッフ
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に触発されて、映画内で車が空を飛ぶと予見された2015 年から開発を進めてきたアレフのメンバーたち
Alef model at San Mateo headquarters
previous arrow
next arrow
Alef model at San Mateo headquarters close up
世界初の「空飛ぶクルマ」アレフ・モデルA
アレフ・モデルAの価格は4434万3900円
Alef-Top-View
モデルAの車内
空飛ぶ車アルフ・モデルAは、空中では運転席が90度横を向き、その方向を正面として飛行する
2023 North American International Auto Show Held In Detroit, Michigan
2023 North American International Auto Show Held In Detroit, Michigan
世界初の空飛ぶクルマを開発するアレフのスタッフ
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に触発されて、映画内で車が空を飛ぶと予見された2015 年から開発を進めてきたアレフのメンバーたち
Alef model at San Mateo headquarters
previous arrow
next arrow

メールマガジン登録

EV Cafeでは、EVの世界の最新ニュースをはじめ さまざまなEVライフを豊かにする情報をお届けします。
ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『EV Cafe』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
PAGE TOP